amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

かぎ針編みの入門編を卒業いたしました

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

何度も挫折しかけたベストもなんとか編み上がり、卒業を迎えました。

 

出来上がったものを見てみれば、結構キレイにできたので安心しました。

 

今回はベストの拾い目について。

肩はぎ、脇とじに続き、首、肩周り、裾の目を拾って縁編みをしていくのですが、計算した目数を拾うのが難しい。

 

首135目、肩周り120目、裾258目。

1周を8分割くらいに分けて、左右を同じ目数になるように拾う。

8分割にすると印から印まで15目くらい拾うんですけど、最初から順番に且つ等分に拾うのは結構ムズイ。

帳尻合わせの為に印周辺が詰まったり、間が空きすぎたりしちゃう。

最後「この間に3目拾うのキツイな。最初のほうに1目入れたい」とか思っても後の祭り。

解くしかないのです。

 

ということで、得意の最初にシルシ作戦。

首の拾い目数前部分は78目だったので、それを4で割って、拾うであろう目にクリップをつけていくんです。

78目全部…

すごい数がジャラジャラつきました。

(ちなみにそんな数のクリップがなかったので、安全ピンを代用しました)

これすごい作戦で「あっここ目が詰まってるな」と思ったら、ピンをとって、間が空きすぎのところに移動させるだけ。

最初に拾う場所を決めておけば、あとはピンを取りながら編むだけです。

 

すごくキレイに目を拾えて、先生にも褒められました。

あ〜よかった。

 

ちなみに最初にピン作戦は私が思いついたんじゃなくて、以前ネットで見かけたのを思い出して採用しました。

 

拾い目に慣れてなかったら使ってみたらいいじゃない♪

 

またね( ´ ▽ ` )ノ