amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

値段設定に困るもの

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

私の商品は近年どんどん小さく細かくなっています。

編み手といたしましては小さいほうが断然メンドくさくて手間がかかります。

編み方が同じだとしてもです。

 

なのでより小さいほうを高く設定したいのです。

 

しかし買う側としてはどうでしょう。

 

出来上がり寸法が2㎝くらいだったものが1㎝も満たなくなったものは気持ちとしては倍くらい高くしたい心情です。

 

ですが以前2000円だったものが、小指の爪くらいになったブローチの値段が4000円くらいしたらお客としては若干ひくんじゃないかとビビり、気持ちより安めにしてしまう今日この頃。

 

だったら大きいままでいいじゃないのと思いがちですが、

 

…小さいのカワイイじゃない♡( ̄▽ ̄)

(結局自分の好み)

 

今日も無駄に自分を苦しめてさらに小さくしてしまう編屋でした

 

またね( ´ ▽ ` )ノ