amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

花の編み方

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


私、花を編むことが多いです。

花の中でもやっぱり薔薇は華やかだし人気がありそうな予感なので、当然定番にしたいところではありますが、なかなかうまくいかないのが現状です。


ではなぜうまくいかないのか。

それは編み方が自分の中で定着しないからです。


花の中でも薔薇は大きくわけて3つ編み方があると思われる。

①まず円を編み、そこから続けて花びらを順番に円を描くように編んでいく。

②繋がった半円らしきものを編み終わってからグルグル巻きながら仕上げる

③花びらを1枚1枚編んで後で組み立てる。


私の心情としましては②と③は組み立て具合により出来上がりが左右するので出来れば①で編みたいのですが、一番薔薇に寄せにくいのです。

これは花びらが広がっている。もしくは中心の雌しべ付近の空間がある花に向いています。


②は最初に鎖編みを30目とか50目とか編んでからはじめるので、戻ってきた時に「あれ?1目足らんやんか」など間違いが起こるし、クルクル巻き加減によって同じものを作るのが結構難しい。


③は単純に1花につき、花びらを6枚とか編んでさらに組み立てるのがめんどくさい。

そして②よりはマシだがやっぱり出来上がりにムラが…


ということで、商品としてはあるにはあるのですが、未だに試作をしている問題作でもあります。

いっそ無くしたいが、やはり薔薇は外せない気がしてずーと模索している編屋です。


またね( ´ ▽ ` )ノ