amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

疑問に思っていること

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


作家のアクセサリーを台紙ごと見ていたら、端のところに「14kgf」とか「チタン」とか書いてあるんだけど、それってどこの部分のこと言ってるの?


最近素材にこだわってみようかと思い、色々探しているから目につきました。


アクセサリー金具はピアスやイヤリング部分だけじゃなく、チェーンやら丸カンやら随所に使われているのですよ。


14kgfなら金色の部分は全部使っているのかしら?

気になるわ〜


実は最近「サージカルステンレス」なるものを見つけたので使ってみてるわけですよ。

これは、医療現場のメスなどに使われている素材で、アレルギーは起きにくいわ、変色はしにくいわ、硬いからペンチ跡もつきにくいわ、サビにくいわ、わりかし安いわ良いとこだらけのわけですよ。


全部の金属部分をそれに出来れば「うちの商品はサージカルステンレス使ってます!」と大々的に宣伝できて、アレルギー体質の人も万々歳だったけど、チェーンがどうしても気に入らず、そこだけ14kgfにしてみてるわけですよ。


そしたらこのピアス部分と丸カンはサージカルステンレス、チェーンだけ14kgfだと、表示はどうすればいいんでしょう?


さらにイヤリングはアレルギー用ぐらいしかなく、それこそ14kgfのにしたらべらぼうに高額になるのです。

だからイヤリング部分はそのまま、丸カンはサージカル、チェーンは14kgfとさらにややこしくなるのよね。


ということで、見た目は今までとまっったく変わりがないのに、素材だけ色々こだわっているのに表示できないというお客さんはいいけれど、私にはあまり宣伝になってない事態なんですよ。


アレルギーにこだわるあまり、ピアスはサージカルか14kgf、イヤリングは樹脂にしちゃうとなんだかね。ピアスのほうがね…良いようなね…


かといって全部14kgfにしたら、何千円単位で値上げですわ。

それは嫌…かな?どうかな?


日々悩む編屋でした


またね( ´ ▽ ` )ノ