amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

待っていたってお呼びはかからない

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


目は以前の経験?をいかし、モノもらい用使い捨て目薬をストックしておいたので、それをさしまくり1日休んだらなんとかなりました。


どうやら疲れが目に出るタイプらしい。

無理がたたると体の悪い色々なモノが目ヤニとなって吹き出す体質か。

嫌だなそれ( ̄ー ̄)

(朝っぱらからごめんなさい、食事中のかたもごめんなさい)


前回大型店に出店と書きましたが、もしかして「編屋すごい!売れっ子じゃん!」とか思いました?


ウフフ…( ̄∇ ̄)

世間にそう思ってもらうために出た感も若干ありますよ♡


でも、イベント担当者が私を掘り当て、探し出しオファーをしてきたわけではありませんよ。


私、営業しました( ̄∇ ̄)


前にも書きましたが、イベントなどにほぼ出ていない私はいつまで待っていてもお呼びはかからないのです。


インスタでステキな商品を見て声をかけてくれる?


イヤイヤ、たまにはあるかもしれないが、マレ過ぎて日が暮れるどころかおばあちゃんになるわ。


ということで、電話をしました。

百貨店に( ̄∇ ̄)v


以前イベントしているのを見て、そこに出店したいがどうしたら出れるか担当者に聞いたわけです。


あまり自分から営業するハンドメイダーはいないようで、いくつか連絡しましたが皆さん親切に教えてくれて「今回は無理だがもし次回開催するようなことがあり、テーマに商品が合えば声かけるね♡」と言ってくれたりしたので少し意外でした。


都会の人は冷たいと(田舎者の思い込み)思っていたらそうでもなかった驚き。


しかも忘れた頃にマジで連絡くれる天使の様な都会の人達(しつこい)


そうやって突然百貨店に出店したように見せかけて、実は何ヶ月もまえから影でコソコソ動き回っている編屋でした。


つづく( ´ ▽ ` )ノ