amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

教えるのって難しい

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


先日突然友人から連絡がありました。

かぎ針で編み物してるけど、書いてあることがサッパリわからないから解読して…と。


オヤツを食べさせてもらうかわりに行ったさ。

何がわからないか気になったしね。


見てみた。

…こ、これは( ̄ー ̄;)

初心者には無理だろ。

なぜよりによってこれをチョイスしたのだ。


以下

T =長編み V=増やし目 として見て下さい。


広報誌かなんかの1ページに書いてあるもので、いわゆる編み図がない。

あとは段数の羅列

①作り目

②T T T

③T V ×3=9

④T T V ×3=12


以下こんなのが20段くらい書いてあり、お情け程度の「長編みとはこう」「増やし目はこう」「伏せ目」などの一部抜粋の編み図があるだけだ。


これはわからんだろ。


さらに一部抜粋の編み図も、1段しかかいていないので拾う目が向こう側1目(スジ編み)のように書いてあるのでまたややこしい。

せめて2段書いてくれればまだわかりやすかったものを。


そんなこんなでまず編み図をおこし、一応持参した糸を手に、私も編みながらレクチャーしたのでした。


それからがまた長かった

…つづく


ひとまずまたね( ´ ▽ ` )ノ