amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

組紐フィーバー?

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


先日手芸店にて毛糸を買い求める際にレジで店員さんの話を真剣に聞く親子が2組。

どうやらその親子らは友人ではなく別々に来店してきたようです。


そのレクチャーを聞いている手元と店員さんの話を漏れ聞いたところ、組紐を作れるキットのようでした。


それは昔ながらの木のものではなく、丸い厚紙に穴あけパンチで開けたような穴がいくつかとど真ん中に大きめな穴があいている簡易的なものでした。


なぜに今組紐?( ̄ー ̄)

そして2組も買い求めるとは…


疑問に思いつつ、レジ通したいのに邪魔だなと思いながらその日はその場をあとにしました。


後日その組紐は「君の名は」の主人公のおばあさんがやっているようで、キーワード的なものだとかなんとか…

(見ていないのでそこらへんはわかりませんが)


すごいですね。君の名はフィーバー。

組紐のような今ではまったく廃れてしまったものまで世間の皆さんに関心を持たれる事実。

組紐業界もビックリなことでしょう。

しかも小学生の小さなお子さんの目にとまるんだから映画ってすごい。


ピコ太郎じゃないけど、有名人のひと言で一大ブームになるんだから世の中わかりません。


編み物だって、世界的有名人の誰かが「編み物ってすばらしい。息抜きに最高だわ。みんなもやるべきよ」と言うだけで一大ブームになるかもしれない。


…と、地味なもの同士、若干組紐のほうが地味だと思っていたのに、一瞬で抜かされるどころか雲の上の存在になっちゃったんじゃないかと少し嫉妬する編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ