amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

ついに編み物教室を見つける

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


ついに見つけました。

編み物教室。

しかも近い。

歩いてこそ行けないが自転車で7分程か…

ち、近い…よね?( ̄▽ ̄)


電話してみました。

おばあちゃんらしき人がでました。どうやら先生のようです。


私「そちらは編み物を教えていただける教室ですか?」

先生「そうですよ。何をやりたいの?手編み?機械編み?」

私「!!!」

「 機械編みもやってらっしゃるんですか?」

先生「機械だってなんだってなんでもやらなきゃダメでしょ」


…なんだかチャキチャキな人だな


私「機械編みも興味あるんですが、機械を持っていないのですが、できますか?」

先生「そんなもん、買えばいいじゃない」

私 「!!!」

「そ、そうなんですが、どんなもんかしばらくやってから考えたいのですが…」

先生「機械は備え付けだから持って帰ることはできないけど、ここでいくらでもつかってみればいいよ」


ハキハキな受け答えに若干タジタジの私。

でも聞かなければいけないことは聞かなければ。


どうやら免許は2種類取れるらしい。

教室を開けるくらいまでになるにはと聞けば「そりゃアンタしだいだわ」と一蹴され、まぁそりゃそうだと納得し。

未就園児がいるから春くらいからと言えば「連れてくりゃいいじゃない、誰か見るわ」と軽く言い。

「いつ来るの?明日?あさって?早く来ないと、私もいつまでもつかわかんないわよ」

と軽く脅され、若干ビビりながらも「少し調整してまた連絡します」と答えるのです。


そんな会話にも「そうなの?じゃあ待ってるわね」とサラッと電話を切られるのです。


あれだけグイグイくる会話の後に素っ気なく切られると気になるのです。

まさに片思いの乙女な気分⁈

でも嫌いじゃないのです。


思いがけず近くて理想の教室があったので、マジで色々調整しなくては。と急に忙しくなる編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ