amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

棒針編みの手の運び

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


最近、編んでいる時の手の運びを再研究しています。


というのも、スピードアップをしたいからです。見た目もよりスマートに…(誰に見せるわけでもないが…)自己満足バンザイだ。


(以下は画像で見せれば早いが、文章で説明している為わかりにくいかと思われます。

お好きな方だけどうぞ♡)


4本針の輪編みの時なんか特に、針の動きが最小限のほうが針の境目の目が広がらずにキレイになるので、なるべく最小限の動きで納めたい。


私の場合は表編みは棒針のお尻部分(外側?)が余り動かないが、裏編みが少し動きが大きい気がする。

大きいとロスが多いので、そのロスをより少なくすることで編み目もキレイになるし、スピードアップできるし良いことずくめだ。


ロスを少なくするにはどうするか…


そのヒントは、左手(フランス式だから)の糸の掛け方、運び方にあると予想される。


ところで、私は編み物は独学で、本から9割情報を得ていましたが、本だとどの目をどのように拾うかは書いてあるが、その時の手の形やら運び方はあまり書いていない。

教室などでは教えてくれるのだろうか…


ちょっとネット動画で見てみる。


…結構人それぞれだな( ̄ー ̄)


基本は一体どれなんだ( ̄ー ̄;)


まぁいいや、動きが最小限かつ見た目がスマートなやつを自分なりにチョイス。


裏編みは針の手前から後ろに糸をかけ、引っかけて編むので、引っかけやすい為に糸を上下する必要がある。

それを左の人差し指の上下だけでやるのだ。

もし出来れば大幅にスピードアップだ。

(今までは中指と親指でつまんで引っかけていた)


…手つりそう(´Д` )

(しかも全然関係ない小指が)変に力が入っていると思われる。

ニッター歴ウン十年で手がつりそうとか悔しい(#-_-)


それでも一日中二目ゴム編みをしていると慣れてきた。


手も人差し指の上下だけに留められる。

やはり前より早い。

だがまだぎこちない。


途中ボーっと編んでいたらいつの間にか前のヤツで編んでて、そこだけ目がよりキツくなり、オマエは初心者か!ってくらいヨレて凹む(´Д` ;)


でもこれでしばらくやってみてマスターすれば、今年の冬は大活躍だろうと期待して頑張るのである。


今日は人知れず努力していることが虚しくならないように発表してモチベーションをあげる編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ