amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

販路について最近思うこと

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


販売を始めてから委託販売1本でやってきました。

子供が産まれてから販売を始めたので、イベントなど1日拘束されることなく、ネット販売など発送で逐一外出することなく、月に1回程度の納品のみで販売できる状況が私には合っていました。


そして前よりは自由がきくようになり、イベントに参加し始めたら少し他の販路も視野に入り始めた次第でございます。


初めてのイベント出店で、今までわかっていたけどあまり深く考えていなかった委託料が思ったより引かれてるんだなと、リアルに分かってしまう事態に…( ̄ー ̄)


そして、たった1日出店するだけで何も引かれず(場所代はいるが)お金が入ってくる事実…( ̄ー ̄)


とはいえ、制作に時間がかかる編み物だけに、毎月イベント出店するのは無理。


いくら自由がきくようになったとはいえ、子供に熱が出れば何ヶ月もかけて準備してきた出店をキャンセルしないといけないこともあるかも…


そんな時委託店があれば、そちらに分配できるので無駄にはならない。

(前回もイベントで売れ残った物を少し補充して委託店に分配しました)


が、委託販売は在庫が逐一把握できないなぁとも思っていました。

作ったものを委託店に分配してしまえば、手元に在庫がないので売れた気にはなるけど、実際は何がいつ売れたかは逐一わかりません。

月に1〜2回程度の中間報告はあれど、お金をもらうまではドキドキです。


その点ハンクラサイトなどは、お金を実際にもらうのは先かもしれませんが、今いくらなのかは逐一わかるので対策も細かくできそうです。


あと半年程で、完全に1人になる時間ができるため、今まで以上に頑張るためにはどうしたらいいかを真剣に悩む編屋でした。


とりあえず、販路にはメリットデメリットはあるし、1本に絞るのはあんまりだなぁと思う反面、色々手を広げるには作る量が全然足りないと手袋を編みながらため息をつく編屋でもありました。


またね( ´ ▽ ` )ノ