amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

キッツキツ問題

こんにちは、久しぶりな編屋です( ´ ▽ ` )ノ


最近インスタのフォローを解禁したのをきっかけに少しだけ交流が増えた為(今まではほとんどコメントなし)楽しくなってきてそっちに夢中になっちゃいました。


フォローをまったくせずどこまでフォロワーが増えるか検証していましたが、イベントに出たことで、出展者のみなさんがフォローしてくれたので、こちらも無視できずに、これを機にフォローを増やしました。


本日は私の編みグセ、キッツキツがもたらす厄介なことがありましたので書きます。


以前からラフィアで帽子を編んでくれという依頼があったのですが、めんどくさかったので先延ばしにしていましたが、もう夏になってしまって季節が終わったらいよいよ怒られるかもと、しぶしぶ着手しました。


あんまりやる気がでず、めんどくささ満載だったので、とりあえず本を参考に、本の通りに編んでみることにしました。


自分の編みがキッツキツだから小さくなるとは思いましが、どれだけ小さくなるのか逆に検証してみようと思ったのです。


結論からいいましょう。

ビックリするくらい小さいです。

見るからに小さいので途中で一度解きました。

そしてもう一度最初の目を6目から7目にして編んでみました。


さらにビックリです。

完全に子供用です。5歳児の頭で横がギリギリだし、縦にいたっては、子供用でも15㎝ないといけないのに、本の(大人用を見てます)通りの段数だと10㎝しかありません。

あと7段足してやっと15㎝(くどいですが、大人用の設計図で子供のサイズ)になる始末。


大体、大人用のを見て、同じ号数の針、同じエコアンダリア、目数多めにしているにもかかわらず、子供用にもならんってどういうこと⁈


もう諦めて子供用(5歳児)にしたさ。


しかも結局子供の頭のサイズを測って、編み目を大幅に足して…


もう断ろう。

やる気を無くした…


先延ばしにしたにもかかわらず断る…

言いにくいなぁもぅ…


だからサイズのあるものを作るのは嫌なんだよ。


ってか私の編み、キッツキツにも程があるということは身に染みて思い知りました。


またね( ´ ▽ ` )ノ