amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

クリエイターの町 in蔵前

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

お久しぶりでございます。


ちょっと納品がたて混んでまして、引きこもって(いつもだけど…)作ってました。


当たり前ですが、委託は商品がないと売上0円ですから。


ところで、今日スッキリで蔵前に(どこ?)クリエイターが集まる町があるみたいで、紹介してました。


文字通りハイクオリティーなクリエイターが集まってるんですよ。

元々職人の町で、そこに若きクリエイターが集まって店を開いているんですって。


蔵前じゃなくてもそういう町というか、廃校などをクリエイターに安い値段で貸して、そこを拠点にして活動する。というのはありましたよね。


こんなにハンドメイドが流行る前は、私の中でハンドメイドはそういうクリエイター的なイメージでした。

主婦とかじゃなくて、美術系大学を卒業した若きクリエイターが自分の作品を発信して、海外にも進出する的な…


幼稚園で売るバザーかクリエイターか。

その両極端がいて、その中間はあまり日の目を見なかった様な…

ちょっと中途半端ですもんね。幼稚園の行事で売るバザーでは物足りず、かといってクリエイターとして海外進出や都会進出などを目指して行くにはやりすぎる。


そんな中間者が今は溢れちゃったんだよね〜


気持ちはクリエイターだけど、ハイセンスではない…主婦だからそこまで求めてない。

だけどやっぱり気持ちはクリエイターなので、バザーでは売りたくない。


そんな気持ちだけクリエイターが今はたくさん溢れちゃった。


でもこの位置は少し居心地がいい…かしら?


またね( ´ ▽ ` )ノ