amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

ディスプレイ その後

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


先日のイベント、ディスプレイを結局どうしたかと言うと…


尻すぼみになりました( ̄ー ̄)


あれだけ事前にあ〜だこ〜だ言ってた癖に、目の腫れや子供の風邪で突き詰めることができず(若干めんどくさく…)結局あるものを最小限に使っただけでした。


1番売りたいオススメを透明棚に並べたり、アクセサリーを引っ掛ける真鍮の棒にかけたりしましたが、9割はテーブルに平面陳列です。

なんのひねりもありません。

並べられるだけ隙間なく並べる。

ただそれだけ( ̄ー ̄)


ですがお客様、オススメの陳列棚はあまり目が行かないようでした。

そっちを見て欲しいのに…(ノ_<)


平面をひたすら取っ替え引っ替え見るのです。

アクセサリーをひっかけてある棒は、なんだか慎重に触って、少しかけ直すのを失敗して「あっごめんなさい」と言われ、触らず見るだけの人も多かったのですが、平面に並べてあるモノは割と気軽に触って「あっコレもいいな」「あっこっちも」と左右に移動しながら結局決めきれずに2、3点買う人も…


なんだ?

凝った陳列にしないほうがいいのか?


そういえば、大昔にフリーマーケットに出た時に、ギリギリに到着したため、袋に入れてあった服をひっくり返して、ガサッと山積みしただけのうちのブース。

掘り出し物を探そうとするのか、なぜか大盛況で、両隣のきちんと畳んでキレイに陳列しているブースは崩したらダメだと思うのか、恐る恐るさわるか、遠目で眺めるだけでした。


それと同じ心理なのかしら?


一応は平面にキレイには並べてあるんですよ。

でもスゴイ気軽に手に取って、鏡に合わせて行くのよ。

棚のはあんまり触らなかったな…


堅苦しいディスプレイはダメなのかしら…

自分で掘り出したいのかしら…


2段とかに分けるよりも、一目で全てが見渡せるほうが、立ち止まり安いのかしら?


なんだか周りはお上品に見てる感じなのに、ウチはなんだか少し雰囲気が違うように見えたのは気のせいかしら…( ̄ー ̄;)


まぁなんにせよ、ディスプレイにお金かけなくてもいいのは嬉しいけどさ。

どうなんだろう…と思う編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ