amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

糸端

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


かぎ針編みなんですが、最近の私の商品は日に日に小さくなります。

小さい中に色を変えることも多いです。

変える色が多いということは、糸端がたくさんあるということです。


最初は編み始めも編み終わりも糸をダラーンとさせたまま編み進み、最後に針で糸処理していたのですが、なんせ最近はモノ自体が小さい為、何本も糸端を隠す場所がないんですよ(ノ_<)

そしてめんどくさい。


なので、編み包む方法に変えました。

最初の糸の1本、色を変えた時の最初と最後の糸2本などをその時々で、細編みや長編みなどをする時に一緒に編み包んで進んでいくのです。

何目か編んでギリギリで糸を切れば、糸端は綺麗に無くなります。


この方法なら針で糸処理するのは、最後の糸1本で済みます。

あら、便利♪( ´ ▽ ` )


最初からこの方法にすれば良かった。

なぜやらなかったのか不思議だわ。


まぁ最後に組み立てる時に使う糸などはワザと残したりしますが、それ以外は編み包むのです。

編み包む糸が3本ともなると目の根元がボゴっと膨らむかと思いきや、実際やってみるとどこに編み包んでいるのかわかりません。

後でアイロンもかけるので余計にわかりません。


針で糸処理しないので、最初に残す長さが短くて済むのも経済的♡

考えれば考えるほど良い方法だね( ̄+ー ̄)

なぜ今までやらなかったのか不思議だわ。


でも輪に編む場合の最初の糸を編み包む場合は、最初にギューッと穴をしめておかないと、編み包んじゃうと、後で手を出せなくなるので、注意が必要ね。


こんなことを長々と説明してみたけど、みんなすでに編み包んで糸処理してたら恥ずかしいわね…


またね( ´ ▽ ` )ノ