amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

海外から来る友達に私の商品を渡そうとする夫

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


夫から突然聞かれました

「お前、男物作ってないの?」


まぁ、あるっちゃある。ネクタイとタイピンだ。

それを伝えると夫は「ネクタイはいらんなぁ〜」


あの〜何の話でしょうか?( ̄ー ̄)


どうやら海外から帰ってくる友達に何か珍しいお土産を渡したいらしい。

ってか手作り品って重くね?(心が)


私:なんかこっちでしか買えないもの買えばいいじゃん。

夫:お前の売り物だからいいじゃん。


むこうは今冬らしいから、冬物がいいと思うんだよね。お前の冬物は毛糸でちょうどいいじゃん。今家にあるのを出せよ。とのたまう(−_−#)


はぁ?と思いながら、仕方がないので持ってくる。


でもブローチ以外は女性物。


ブツブツ文句を言いながら物色する夫。


「こんなブローチアイツ付けないよなぁ」

「これ色が暗いなぁ」

「バッグかよ」

「この手袋チョット大きめかと思ったけどキツイなやっぱり」


…オイ、オマエ(−_−#)勝手に物色しといて文句言うんじゃねぇよ。


挙句の果てに「手袋夫婦セットでどうかな?男物これから編まないよね?」


あぁ?(−_−#)

私はイベントで切羽詰まってるんだよ。

誰が会ったこともないアンタの友達の為に私が手袋編むんだよ。おかしいだろ。


しばらくあ〜でもない、こ〜でもないとブツブツ言いながら物色し、3つも選んで後は返してきた。

「まぁこれくらいでしょうがないか」と捨て台詞を残しながら…


ってかお金払ってくれるんだろな?


と聞いてみたら「は?何でオレが。プレゼントだよ?」とのたまう。

こっちが「は?なんで私が」だわ。


最後は少し持ち上げてみようと思ったのか「うちの嫁は編み物が出来て、こういうの売ってるんだと宣伝しておくわ。海外で人気が出るかもよ〜♪フフフ…」と言いながら去っていく。


なにか色々腑に落ちない編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ