amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

私の父親

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


今ではおじいちゃんと呼ばれているうちの父親、見た目は橋爪功に似ています。

よくいるオシャレでもなんでもないおじいちゃんです。


ですが、多趣味で凝り性で、プラモ、ミニチュア模型、切り絵、陶芸などいわゆる手作りします。

これは昔からやっていましたが、定年を向かえ、毎日家にいるようになると実家の一部屋が「ここはアーティストの部屋か?」と思う程作りかけの大作が散乱しております。


私の手作りは実はこの父親の影響かもしれません。読書バカだし…


そんなおじいちゃん、子供のお守役としてイベントに同行いたしました。

見た目はダサめなおじいちゃんなので少し場違いではありましたが、大活躍でございました。私チョット見くびっておりました。


そして自分も手作りするからか、娘の売っているモノに興味深々なのです。

まぁ編み物ではあるし、男なので趣味が違うのか、これはちゃんと売れるのか心配して、娘とウロウロして帰ってきては「売れた?売れた?」といちいち聞いてきます。


そして実際にお客さんが買っていくのを目にすると「手作りでも売れるんだね〜へぇ〜」

と何やら企んでいる顔をしておりました。

そして独り言のように「オレのも売れるのかなぁ」とボソッと言うのです。


70に手が届きそうなおじいちゃんアーティストの誕生か?

まず携帯を使いこなせるようになってからネット販売でもしてみたらいいのさ。


またね( ´ ▽ ` )ノ