amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

値上げ

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


私、半年程前から徐々に値上げを敢行しております。

値上げといっても同じモノをそのままあげることはできないので、新しく作るモノの値段を高めに設定しています。


なので平均価格の底上げです。


そもそも編み物の値段設定って難しいんですよね。

基本針と糸しか使っていないのでほぼ工賃になります。

ハウツー本などを読むと使う道具も値段にプラスみたいなこと書いてあるけど、私の場合は、ハンドメイド始める頃には道具はほとんど揃っていたので、糸を買うくらいです。


例えば糸を編むアクセサリー

私の場合はチェーンの部分も糸ですので、素材はピアスやイヤリング。1組20〜30円ほどです。(イヤリングはもう少し高め)

あとミシン糸200円程

ですが、糸もピアス1つで使い切るわけではなく、1色買うと1〜2年はもちます。


ということで材料費50円にも満たないでしょうか…


90%以上手間賃…( ̄ー ̄)


値段設定は自分の価値をどの程度に置くかで決まってきます。


ハンドメイド始めて4年。

最初は探り探りでしたが、スタイルも徐々に確立され、ちょっと見ただけではわからない編み方もありますので、ここらで自分の価値を上げてみました。


値段を上げると違う層のお客さんが来るんですね。

なかなか興味深いです。


またね( ´ ▽ ` )ノ