amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

歳取ると伝統工芸に興味が出てくる

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


タイトルまんまです。

私が結婚してから住んでいる土地柄、伝統工芸にふれる機会が多いです。

その影響もあるかもしれません。


若い時は伝統工芸にまったく興味がありませんでした。

でも最近はおじいちゃんが真剣な顔をして職人技を繰り出す様がなんともカッコよく見えます。


また、先日テレビで、下駄を作るおじいちゃん職人の所で都会の女性が修行している。というのを見ました。

その女性はクリエイターで、下駄に若いセンスで絵を描いて、ハイクオリティーな作品を生み出しているのですが、その師匠が下駄を作る伝統工芸のおじいちゃんでした。

下駄に使う絵の具も独特のもので、門外不出の材料を自分で調合しているのです。

なので下駄のクオリティは本物です。

その師弟関係がなんともステキでした。

伝統工芸の下駄に若いセンスで今風にアレンジ。これが私には理想的に感じます。


私も伝統工芸とは少し違いますが昔からある編み物をしています。

ベテランニッターのおばあちゃんに教えを乞いたい今日この頃。


またね( ´ ▽ ` )ノ