amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

冬はやっぱりど定番

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

今回は久々ハンドメイドネタです。 


冬に販売するモノの中で、編んでも編んでもソッコーで売れる商品があります。


それは手袋( ̄+ー ̄)

特に近年は指無し手袋が売れています。

委託店に聞くと、携帯を操作したり、お金を出し入れしたり本を読んだり、何かと指が出ていたほうが都合がいいらしい。


やはり冬はど定番の手袋、ニット帽、マフラーが売れ筋になるのだ。


どんなに編み物でピアスやブローチや変わり種を作ってみても、安定の売り上げを占めるのは、やはりど定番。

作るほうも買うほうも安心のど定番。


そこが世に言うハンドメイダーと少し違うところか。

ハンドメイドというより正統派ニッター?

そこにオリジナルは必要ないのか…


手袋やニット帽は編めば売れるのがわかっている。

でも小物よりは制作に時間がかかるし、量産が出来ない。

さらにはオーダーが入るとそれにかかりきりになってしまう。


さぁどっちだ。

どっちがいいのだ。


いつも悩む編屋なのでした


またね( ´ ▽ ` )ノ