amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

売れ残り

知り合いのにわかハンドメイド作家からまた質問されました。


「売れ残りってどうしてる?」


これは困りますよね。


「そんでいくつ残ったの?」


「…50個くらい」


…は?( ̄ー ̄)

多すぎんだろ。


詳しく聞いてみると、ハンクラサイトに登録してみたがあまり売れないので、イベントに出店することにしたようでした。

イベントに出るには数が必要なので沢山つくったけど、そこでもあまり手にとってもらえず残ってしまったと。

そういうイベントを3回経験したので、これがダメだと思うけど、数が多くて捨てられないと。


私はイベントに出たこともなければ、ハンクラサイトに登録したこともなかったのでこういう経験はありませんでしたが、聞いていて切なくなってきました(/ω\)


同じ編み物のジャンルなのでアドバイスしてみました。


「編み物ならほどいて編み直したら?」


「…接着剤使ったからできない」


…は?( ̄ー ̄)

なに、編み物に接着剤使っとんねん


残った商品はパッチンピンやらヘアピンやら髪飾りだったので、編んだモチーフを土台にいわゆるボンドペタしたと…(/ω\)


そこは後ろから縫うなり編み込むなりせえや(−_−#)

それなら土台だけでも助かったのに…


もう私にアドバイスできることはありません( ̄ー ̄)


それにしてもイベントで売れ残ると、他に販路がないと大変だなぁと思いました。


またね( ´ ▽ ` )ノ