amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

4本針のコツ 〜編屋の場合〜

何度も言うけど、切羽詰まってます。

コツとか人様に教えている場合ではない(/ω\)


なんでやめられなんだよ〜(つД`)ノ


だって楽しいんだもん( ̄▽ ̄)

ハテナは麻薬♡


こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


4本針で輪に編む場合、もっとも気になるのは、針と針の間の毛糸が伸びちゃって目が揃わないところじゃないでしょうか?どうですか?気になりますか?


ベテランさんはいろんな方法で目立たないようにしてるかと思いますが、本日は編屋の方法を紹介します( ̄▽ ̄)


ってか聞いてみたら「そんなこと?普通でしょ」とか「あんまり参考にならないね」ということは心の中でお願いしますよ奥さん( ̄ー ̄)


1番オーソドックスな方法は何段な編んだら境目を変えるかな?

そうしたら1列全部伸びるわけではないからいいかしら。でも根本的な解決にはならないね。

しかも私はアランを編む時「針の2本目を2目編んだら縄編みにする」とかを目安にしてるので、針の位置が変わると模様がわからなくなるんですよ。


この前見た方法は、境目(とくに輪にした最初の目)を一目編んだら目玉クリップでロックするのを見ました。これはめんどくさいね。さらに小さいのにはクリップ入らない。


まぁ私の方法もこれに似てます。

クリップの代わりに手(右手親指)でやるんです( ̄+ー ̄)


境目から1目編んだらギュッと締めて、編んだ目を右手親指で上から押さえて動かない様にします。

押さえたまま2〜3目編むんですが、最初の1目を動かさない様注意しながら編んでは親指ロック編んでは親指ロックってな感じです。

(また文章だとわかりにくいな…)


ポイントは最初の編んだ目をきつめに引っ張るといいです。


これはフランス式の人しか出来ないかもしれません。アメリカ式は糸をかける時右手を使うので親指ロックは難しいかと…


これ簡単な方法なんですけど、編み終わった時に、どこが境目かホントわからなくなるの。

道具もいらないので試してみたらいいかもよ


またね( ´ ▽ ` )ノ