amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

自由度

秋なので、リアル松ぼっくりでも編んでみるかと試作を始め、ピアスにでもするかと思っていたのでミシン糸で編んだら、1.5㎝くらいのものが出来上がり、虫眼鏡で見たらリアルだけど、耳にぶら下げてみたら、モジャモジャした塊がぶら下がってるだけの残念な代物になってしまった編屋です。


小さくしすぎちゃダメね( ̄ー ̄;)


こんにちは( ´ ▽ ` )ノ


編屋は棒針編みもかぎ針編みもするけど、小さいものや、立体のものや、しっかりした形を作りたい時ははかぎ針で編むことが多い。


細っそい線やら、いろんなところから編み始められるし、イレギュラーな形はかぎ針の得意分野なんじゃないかなぁ。


棒針編みもできなくはないけど、端が丸まったり、糸を棒針にくっつけたまま編んでいくので、凸凹した形はあまり向いてない気がする。ってかかぎ針でやったほうが早いというか…


私が棒針で編むと、正統派なものが出来上がることが多い。棒針編み自体に優等生的な雰囲気が漂うからだろうか…


その点かぎ針編みはふざけた?ものも大丈夫( ̄▽ ̄)ドンと来いだ♪


この2つがあるから商品にバラエティさが出て編屋の気持ちのバランスもとれる。

たまには面白いものも編みたいのだ


またね( ´ ▽ ` )ノ