amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

商品のアジ

まだまだブログに慣れず、アップしたり下書きに戻しちゃったり、ダメダメな編屋です


こんにちは( ´ ▽ ` )ノ


今回はちょっとした心のモヤモヤを…


先日知り合いのハンドメイド作家がハンクラサイトに登録しましたので、動向を観察しておりました。

商品はかぎ針編み


そして写真とともに商品説明

「全て手編みですので同じ商品はひとつとしてありません。多少のゆがみはアジとしておたのしみ下さい」


…ん?( ̄ー ̄)


それ、ヘタってだけじゃね?(/ω\)


同じ糸、同じ形なら出来上がりも一緒ではないのか?と思うわけです。

アジとはゆがみではなく狙ってするものではないのか。


疑問に思いアドバイザーに見せましたら

「まだ始めて間もないからそんなもんだろ」と。


…おい!∑(゚Д゚)

オマエ私には「初めて作っただぁ?そんなもんお客様には関係ないだろ!そんなクオリティのものを世に出す気か!」って怒るくせに(−_−#)

そんなことを毎回言われるからこんなゆがんだ心でしか見れなくなるんだよなぁ


でもその商品もまったく売れないわけではなく、売れてお客様からのうれしいコメントまであるのですから、それはそれで、その子のアジなのでしょう。


話は少し違うかもしれませんが、

私はリアルな物を作ったり、目を揃えてカチッと編むのは得意ですが、愛嬌のある、少し特徴的なそれこそ良い意味で歪みのある編ぐるみなどは苦手な分野ですので、それぞれハンドメイダーの特徴として売り込めばいいのでしょう。


綺麗に編むだけが良いんじゃない。ということを思い知る編屋でした_φ( ̄ー ̄ )


またね( ´ ▽ ` )ノ