amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

ニッターの1年 〜編屋の場合〜

納品準備が終わったのではてな三昧の編屋です。

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ


今回はニッターの1年について。


何度も言うように編屋は委託販売のみです。

だいたい1ヶ月に1回納品しております。

メインで1 サブで2です。

サブは2ヶ月に1回の時もあります。


編み物は季節感出まくりです。

毛糸、夏には暑苦しいです。

(やってるこっちも暑苦しい)

しか〜し夏も売上を落とすことはできません。


そこで、編屋は夏、かぎ針編みにチェンジです。棒針封印です( ̄+ー ̄)

糸も夏糸どころかミシン糸でちんまり編んでます。

細いので繊細です。夏にピッタリです。


さらに

麻ひもで大物も編みます。

夏と言えば麻ひも!

麻ひもと言えば夏!


夏のほうが編んでる時間が短かったりします。組み立ててる時間のほうが長い。部品を編んでる感じ。だから暑くない(気がする)


冬は言わずと知れた棒針の出番です。

これはもぅ編んで編んで編みまくらないといけません。

部品なんて無い!あるのは毛糸だけって感じです。


そうやって季節感の出やすい編み物を1年保たせております。


でも季節の先取りしなくちゃいけないから結局残暑厳しいときに暑苦しい毛糸を編むんだけどね(/ω\)


またね( ´ ▽ ` )ノ