読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

今更ながら夫が気づいたこと

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


時系列が前後しますが、このやり取りで私の営業に火がつくのでありました。


突然夫が言うのです

「ちょっといいとこに出てみたら?百貨店とかさ」


…簡単に出れるならもう出ているのです( ̄ー ̄)


最近高いやつ作ってるからそれでいいじゃん。

そして頼んでもいないのに百貨店に出している作家さんたちの商品をネットで見るのです。

夫はハンドメイド界をよく知らないので、ハンドメイドというからには、私のように編んだり固めたり削ったり、当然素材から手作りしていると思っているわけです。

「なんかみんなキレイに作ってるね。これなんかみんな同じ形に作れてるじゃん。お前もまだまだだな」

と、買ったモチーフを繋げたであろうものを指差し言うのです。


…いやいや、これは違うでしょ。

パーツ買ってきて組み合わせてますよ。


「え⁈それはハンドメイドと言うの?」

と私達が何年も前から少なからず心のすみで思っていることに今更ながら衝撃を受けるのです。


そして更に観察を続けていると何かに気づいたようです。

パーツを組み合わせたであろうアクセサリーは惜しみなく高い価格がついており、これは素材からつくっているなとおぼしきものには良心的な値段の傾向が…


そのうち「これは安めだから作ってるな。これは高いから組み合わせてるな」とか言う始末( ̄ー ̄)


なんかすごい世界だなハンドメイドって…

オレもやろうかな


とわりと苦労している人を目の前にして、ハンドメイドちょろいみたいに言う夫を無視して今日も地道に編む編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ

彼女ただ今迷走中〜

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


常にハンドメイダーをザワザワさせているコンサル。

以前の猫も杓子も的な横行している感じはなくて落ち着いたのかなぁ?と思っていましたが、まだまだ沢山いらっしゃるんですね。


私はフェイスブックもやっていて、もう何年も更新していないのでやめてもいいんだけど、そちらしか繋がっていない友人がいる為、もっぱら見るだけのものになっています。


彼女もそんな友人の1人です。

(もちろんリアルの交流もある友人)


彼女もハンドメイダーで日は浅いがイベントなどに出店していました。


そしてしばらくして子供が産まれ、少し休んでから再開したらなんだか違う方向に突っ走りはじめました。

産休中なにがあった⁈∑(゚Д゚)


フェイスブックでは彼女の行動が逐一わかるのです。

こんなイベントに興味ある。参加する。企画する。


なにやら怪しげなイベントに「いいね」をつけ出す。そしてよくわからないイベントに参加し出す。

さらには企画にまで。


どうやら彼女は「起業」に関心があるもよう。

そして「お金」さらには「宇宙」にも。

…出ちゃったよ「宇宙」( ̄ー ̄)


なんだかいろいろなコンサルイベントに顔を出し、そこでの自分の肩書きを「ハンドメイド作家」としているので、そのハンドメイドで起業、そして儲けたいとの気持ちが透けて見えます。


そんなに沢山のコンサルイベントに顔を出すより、まずヨレてる編み目をなんとかしろよ。と時々(ホント時々)アップされるかぎ針編みの歪みが気になってしょうがない編屋でした。


友人よ、ガンバ♡

(オマエもな)


またね( ´ ▽ ` )ノ

巻いた種が実を結びすぎた件

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


私何ヶ月も前からコソコソ影で動き回っていたと書きましたが、この度その努力が実を結びました。


そして結びすぎました( ̄ー ̄;)


今はイベントの季節ということをすっかり忘れる…


せっかく声をかけてくれた大型店出店の日程がまさかの丸かぶりでした( ̄∇ ̄)


もう♡みんないい人なんだから(^з^)-☆


正直キツイ。

自分から行っておきながらマジキツイ。


でも断れば次はない。

私に「No」という選択肢はないのです。

無理でもやるしかないのです。


私も考えて電話しろよな…( ̄ー ̄)

なんせその時はヤル気スイッチ入っちゃって♡


今現在、まったくもって追いついていないですが、目の下にクマをつくりながら、目ヤニ出しながら頑張っておりますよ。


あっ売れてるから追いついてないんじゃないですよ。

イベントだから最初の個数確保からつまづいてるんです♡

…自分で言って悲しくなるわ( ̄ー ̄)


またね( ´ ▽ ` )ノ


委託イベントが想像以上に良かった件

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


あっこれ売上が!ってんじゃありませんよ( ̄∇ ̄)


自分の作業スタイルに合ってたってこと♡


店舗のように常連さんが多いところに委託だと新作が定期的に必要です。


イベントは出店の際に自分自身が拘束されます。不測の事態で、せっかく準備してきたのにキャンセルというのもありえます。


そこで今回はじめて出店した委託イベント。


発送期限に向かって作り続け、子供が熱出ても宅配業者に電話さえすれば荷物を取りにきてくれるのです。

期間もある程度あり、不測の事態でもわりとすぐ対応できます。(出向かず家でアタフタすりゃいいの♡)それに常連というより通りすがりなので、よっぽど不良品じゃないかぎり不測の事態もあまりない。


なにより短期集中で新顔のお客様に売るってのがいいわよね♪


それに私の場合ずっと委託中心なので、委託料を取られることに慣れてるの( ̄∇ ̄)

これは大事だと思うのよ。

だって自身が出店するイベントだと出店料以外は商品価格がそのまま自分の売り上げになるけど、委託だと何%かは必ず引かれるから最初からそれを見越した値段設定を普段からしているのよ。


委託料って引かれた金額を見て一見悲しい感じになるかもだけど、ディスプレイや包装、宣伝などをお金を払って他の人にやって頂いているということ。

私はできるだけ作ることに専念したいし、もう何年も委託料を引かれた金額でやっているので割り切っている。


そんなこともあり、今回の委託イベントはあまり気負うことなくできたので、これからも呼ばれれば、というか呼ばれなくてもやっていけたらいいなと思った編屋でした。


またね( ´ ▽ ` )ノ

待っていてもお呼びはかからない パート2

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


前回の続きです。


そうやって百貨店に出店することになった編屋。

他の人は声をかけられて出店していると思われるが私は違います。

自分で言い出したんだからできれば結果を残したい。


担当者の「今回良かったのでまたお願いしたい」という、今度こそ百貨店側からのオファーを引き出したい。


ということで手始めにタグというか台紙をイベントのみ試験的に変えてみました。


ハンドメイドイベントではハンドメイド品を買いにくる目的で会場にくる人ばかりですが、百貨店のイベントスペースでは買い物客が「あら?あんなところでなんかやってるわね」的な感じで遠巻きに眺める人もいるはず。


そんな人に数いる作家から選んでもらうには目立たなくては。


ということで台紙を真っ黒にしてみました。


色々リサーチしてみると台紙は白が圧倒的に多い。

何人もの作家が同じテーブルの上で同じような台紙ではどこからどこまでが1人の作家かわからないと思ったのもあります。

(今回は委託イベントだったしね)


これは良かったのではないかと思います。

別の場所でこの黒い台紙を使ってみた時に、通りすがりのフラフラ〜と来る客が、この遠くからでも見える真っ黒の台紙の商品にまず吸い寄せられていましたから♡


あとは少し目立つ商品を作りました。

これは少し大きめで高額にし、最悪買われなくても客寄せパンダ君的なヤツです。


客を自分に引き寄せる為に考えられることはしたので、あと買ってくれるかどうかは商品力の勝負です。

これは祈るしかありません。


これで買ってくれなければ商品の力不足でしょう。

泣くしかありません(>_<)


そうやって無い頭を振り絞りまくってなんとかしようと奮闘している編屋でした。

ホントは努力家なのよ。ウフフ…♡


またね( ´ ▽ ` )ノ



待っていたってお呼びはかからない

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


目は以前の経験?をいかし、モノもらい用使い捨て目薬をストックしておいたので、それをさしまくり1日休んだらなんとかなりました。


どうやら疲れが目に出るタイプらしい。

無理がたたると体の悪い色々なモノが目ヤニとなって吹き出す体質か。

嫌だなそれ( ̄ー ̄)

(朝っぱらからごめんなさい、食事中のかたもごめんなさい)


前回大型店に出店と書きましたが、もしかして「編屋すごい!売れっ子じゃん!」とか思いました?


ウフフ…( ̄∇ ̄)

世間にそう思ってもらうために出た感も若干ありますよ♡


でも、イベント担当者が私を掘り当て、探し出しオファーをしてきたわけではありませんよ。


私、営業しました( ̄∇ ̄)


前にも書きましたが、イベントなどにほぼ出ていない私はいつまで待っていてもお呼びはかからないのです。


インスタでステキな商品を見て声をかけてくれる?


イヤイヤ、たまにはあるかもしれないが、マレ過ぎて日が暮れるどころかおばあちゃんになるわ。


ということで、電話をしました。

百貨店に( ̄∇ ̄)v


以前イベントしているのを見て、そこに出店したいがどうしたら出れるか担当者に聞いたわけです。


あまり自分から営業するハンドメイダーはいないようで、いくつか連絡しましたが皆さん親切に教えてくれて「今回は無理だがもし次回開催するようなことがあり、テーマに商品が合えば声かけるね♡」と言ってくれたりしたので少し意外でした。


都会の人は冷たいと(田舎者の思い込み)思っていたらそうでもなかった驚き。


しかも忘れた頃にマジで連絡くれる天使の様な都会の人達(しつこい)


そうやって突然百貨店に出店したように見せかけて、実は何ヶ月もまえから影でコソコソ動き回っている編屋でした。


つづく( ´ ▽ ` )ノ



キャパオーバー

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ


最近の私は委託イベントに出店しております。

…またしても委託( ̄∇ ̄)

委託大好きなの♡


しかも大型百貨店( ̄+ー ̄)ニヤリ


初めての大きなところでの出店なので張り切っておりました。


でもさすが百貨店なので委託料も半端ないわけですよ。

なので儲けようという目的ではなく、宣伝の為と割り切ることにしました。


委託料をがっつり取られてもマイナスにならない程度に高いもののみを納品。

制作に時間がかかるので前もって作っていました。


…担当者の尽力により出店期間が前後に延びる。

しかも1ヶ月前倒し∑(゚Д゚)!!

その連絡を開始10日前にもらう( ̄ー ̄;)


ぜってー間に合わねぇ


前もって作っていたのでかろうじて最低納品数だけ確保。


その後点数が多い人はいい場所を確保しますと言われた途端に「70点納品します!」「100点納品します!」という人が続出。


…マジか∑(゚Д゚)


なぜ急な日にち前倒しでそんな点数を確保できるのか。


無理だ。

私には無理だ。


しかも値段の高い、めんどくさい商品を用意しようと思っていたが、イベントが始まって間もなくすぐに追加を納品請求される。


無理だ。

さらに無理だ。


しかも期間が延びたために他の委託店納品が確実に滞る。


こ、これは…


ま、まぁこれも経験よね( ̄ー ̄;)

(死にそう…)


本日朝、大量の目ヤニで目が開かず(>_<)

若干痛いし。

また眼科行きか⁈

またしてもドクターストップがかかりそうな予感♡


またね( ´ ▽ ` )ノ