amiya’s blog

ニッターの目線からハンドメイドを考える。

またもや危機!

こんにちはお久しぶりな編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

大変バタバタしていたので更新が滞ってしまいました。

まあ、夏休みに入ったのもバタバタを加速させた要因でもあります。

 

先日大口の常設店が閉鎖しました。

大変な痛手ですが仕方がありません。

ちょうど同じ時期にいつも参加させて頂いているこちらも大口のイベントもあったので多少は余裕ぶっこいていた部分もありました。

 

しかし!

終わってみたらいつもの売上はありませんでした。

なぜか…

言葉は濁しておりましたが、どうやら売り場が縮小され、隅に追いやられたようです。

いつものドドーン!と宣伝させることなく隅に追いやられた商品達は前と同じ売上を望めるはずもなく、ひっそりと終了したようでした。

そして、追い打ちをかけるように

「編屋さんすみません、わたくしこの度異動になりましてイベント担当を外れてしまったのですが、後任は……いません」

 

私絶句です。

 

言葉もありません。

 

「ええっと…終了ということですか?」

「はいそうです。」

という非常に簡素な言葉でこちらも終了と相成りました。

 

崖っぷちです。

今までこの2つにかけていたので、気がつくとハンドメイド販売初期から続く店舗(今まで蔑ろにしがちだったところ)のみが残る結果となりました。

 

そんなこんなで夏休みに突入して子供達が足元でピーチクパーチクうるさくともこの状況を打破する対策を練らないといけません。

 

そこでまたしても営業をかけまくり、電話しまくり、メールしまくり、販売先を開拓しておりました。

 

そんなこんなで、何とか命をつなぐことができた編屋ですが(次の委託先をやっとこさ決めました、というかねじ込みました)冷静に考えてみると、色んな所(といっても主に私の周辺しかないけど)でハンドメイド縮小が相次いでいるのはもしかしたら偶然ではないのではないかと危惧するのでした。

もし偶然ではなく、そこかしこでハンドメイドが縮小傾向だとしたら、近い将来これでお金を得るのは難しくなっていくのでは…。

そもそもアクセサリー作りを何歳まで続けられるのか…ラブリーなものを60歳になっても売り続けられるのか。

ついに編屋も外での働き口を見つけなくてはいけないのではと思ってしまった今日この頃。

 

とりあえず次の販売先は決まりましたが、イベント用に用意した商品達が売れ残っているため、そんなに焦って追加を作らなくてもいいし、何より開始がもう少し先なので、これからの身の振り方を少し真剣に考えてみようと、少し追い詰められているのでした。

 

そしてはやく夏休み終われ

 

またね( ´ ▽ ` )ノ

単発イベント

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

常設で安定の収入を得ていた店がもうすぐ閉店するという危機を迎えている。

マズイ。

非常にマズイ。

 

だが常設で収入を得るためには、作っては納品。作っては納品を繰り返し、いつまでも一息つく間がないので精神的に追い詰めらることも事実である。

 

常設とは別に単発展示に呼ばれることもある。

だいたい4ヶ月に1回だろうか…

そっちは制作期間が長いからドカンと売上が見込めるがなんせ4ヶ月ごとだし、いつ切られるかも不安なことは不安だ。

 

でも期間が区切られてるからその日に向かって制作するという目標ができるのでモチベーションが高まる。スピードも上がる気がする。

1回終わると全て返品されてリセットされるのも結構好きなのだ。

 

ということでダレ気味の常設ではなく、単発委託展示イベントに定期的に応募してみようと思う今日この頃。

 

応募ということは、常に色んなところにアンテナをはり、自己PRをし、ライバルを蹴散らし選ばれなければいけないが、今は危機的状況の為頑張るしかないのである。

 

しかしここまできても、自分でネットを開設しないということは、それはあまりやりたくないんだなと自覚するしかない編屋でした。

 

またね( ´ ▽ ` )ノ

本好きが読むべき本

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

テレビなどで、本好き芸人の方達が薦める本がある。

これは面白い!

これはおススメ!

本好きは読む!

しかしそんな本に限って読んでいないので、読んでみたいが、読んだことのない作家さんだと少し躊躇する。

 

買って面白くなかったらもったいないな。

それより今読みたいこっちが買いたいな。

 

だが、本好きを自称している私は、知識としてだけでも内容を知っておきたい。

そして「あっあの本ホントおもしろいよね」とか言いたい。

 

そんな本をちょうど古本屋で見つけたため、大量購入し、読んでみた。

 

どの作家もコアなファンがいるよく聞く人たちだ。

それが結構お値打ちに変えたので、その本屋の値段のつけ方に疑問があるが、買う方はありがたいのでまぁいいのだろう。

 

なんだろうな、進まないな。

これ、私に合わないな( ̄ー ̄)

 

自称してるけど、私ホントはたいして本好きじゃないのかな。

もぐり⁈

 

本好きと呼ばれる人や、常にランキングの上位に食い込むベストセラーが自分に合わないと、思いのほか凹むのは何故だろう…(ノ_<)

 

前に私が好きな作家の新刊か出たのに、本屋で平積みではなく、本棚に表紙を見せる感じでもなく1冊だけ棚差しされているのも結構凹む。

レア好き?

 

まだ本好きが読むべき本は2冊あるから、そちらに期待しよう。

 

またね( ´ ▽ ` )ノ

 

突然の委託停止の話

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

姉さん事件です

売上が芳しくないようで、店自体を閉めるようです(ノ_<)

 

実は年明けぐらいからそんな気がしてました。

そんな気がっていうよりも「まさか委託をやめるんじゃなかろうな?」ぐらいの予感です。

だって、売上報告が月末の支払い報告のみで、在庫も言わないと言ってくれない感じで、明らかにやる気が…

 

一応7月まではやるようですが、どうせ閉めるなら7月に他のイベントがあるので、そっちに残りの商品を送りたい。

私の力およばずごめんねとお礼の言葉を述べつつ6月末までで返してちょうだいとすぐ返信。

なかなかドライな私。

 

しかし7月のイベントが終われば若干…というかかなり?暇になってしまう。

…どうしよう。

新しく委託先を開拓して8月までになんとかしなくては。

あ〜急に切羽詰まって忙しくなってきたな。

 

またね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

子供のLEGOの遊び方

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

うちは夫婦ともLEGOわりと好きなので子供にも買い与えました。

ちなみに今夫婦がハマっているのはLEGOではなくナノブロックのほうです。

小さくて可愛い♡

 

最初上の子に買った時は、牧場が作れるセット的なのを与えました。

それもいけなかったのでしょうか。

上の性格の問題でもあるかとおもいますが、説明書通りにキッチリ作らないと気が済まないようで、説明書を見ては完成させ、全てをバラバラにして片付ける。

また出してまた説明書通り完成させる。

それだけです。

…アレ?

LEGOってこんな感じな遊び方だっけ?( ̄ー ̄;)

それ一択なのですぐ飽きました。

 

それならとセットではなく、自由に作るバケツにしてみました。

それでもバケツの外側に簡単な作品例などがのっているため見ながら色もそのまま一緒で作り、その後興味が無くなったご様子。

 

あんまり興味がないことと、下の子が産まれたことで、小さいLEGOは誤飲が怖いので押入れにしまわれました。

 

その後下の子がある程度大きくなった頃、押入れを整理していたらLEGOが出てきたので与えてみました。

 

LEGOは長方形の入れ物に3つとデュプロと言われる低年齢用大きいブロック1つありました。

(あれだけ興味が薄いのに諦めずに買い与えていた夫婦)

 

下の子は上の子と全く違い、説明書など邪魔モノ扱いで最初からポイです。

上の子が混ざらないように頑なに分けていた箱全てを使って想像力のまま、気の向くまま、時にはLEGOとデュプロを混ぜながら(アレお互いくっつけられるんだよね)大作を制作。

 

上の子が一部を壊しても、ならコレをつけたらどうなる的な切り替えで毎日違うものが出来上がる。

 

コレじゃないのか。

私達が求めていたLEGOの遊び方。

 

普段から2人は性格違うなと思っていまが、ここまで違いをハッキリ見たのは初めてだったので面白かった。

 

またね( ´ ▽ ` )ノ

儲かってまっか?

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

うちの母親が遊びに来た時、私にこう聞いてきました。

…抽象的だな

ちょっとどう答えていいのかわからない( ̄ー ̄)

 

利益出てる?と聞かれれば赤字ではないよ。だし、生活出来てるの?と聞かれれば出来てるよと答えることができるが、儲かってるの?と聞かれたら、ボチボチでんなと答える以外思いつかない。

 

お母さんもパートで働いているので、私が儲かってる?と聞いたら答えることができるのだろうか。

やっぱり答えにつまるのではないだろうか。

 

ちなみに儲かっているのはいくらくらいを指しているのか聞けばよかった。

聞かれて答えを探すのに精一杯で聞けなかった。

 

儲かっているの金額によってはもしかしたら儲かってまっせ( ̄▽ ̄)ウシシ…とドヤ顔をすることができたかもしれない。

ただあんまり金額が高いと扶養から外れちゃうので、やっぱり「ボチボチでんな」が適切な回答のように思われる。

 

っていうか毎日自分では結構頑張ってると思うのに、ギリギリな現実を思い知る編屋でした。

 

あ〜もっと楽に稼ぎたい。

(下世話でごめんね♡)

 

またね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ハンドメイド歴8年目にして

こんにちは編屋です( ´ ▽ ` )ノ

 

今まで編み物一筋で販売をしてみましたが、ここにきて違うものを作ってみたり?作らなかったり?

と脇道にそれてみようと思いました。

しかし、ニットハンドメイドは生活の糧でもありますので、そちらの制作も続けながらということになります。

 

お金の確保はしなくてはなりません。

 

では新しく何を?

私としてはちゃんとやってみたかった刺繍?

材料を引っ張りだしてチクチク。

…なんだろ、うまくいかないし研究しようという気が起こらない。

 

ビーズ?

なんかしっくり来ない。

 

なんか2、3日他のに時間をとられてたら編み物したくなってきた。

とりあえず編みながら考えようかな。

 

…編み物で全然違うものを作ってみようかな。

ニットの新境地開拓的な?

 

結局編み物をしている編屋でした。

 

あ〜編み物楽しい♡

 

またね( ´ ▽ ` )ノ